いつか見た空を

日々の空の写真と短いエッセー、その時に思った事など

8月13日 曇り時々晴れ ペルセウス座流星群観測

f:id:a_ichi05:20170813155054j:plain

 

夏の夜の風物詩、ペルセウス座流星群

 

中学生の頃より、お盆の頃になると、浦の浜で寝っ転がっては流星を楽しんだ

いくつもの小さな流星に混じって、時おり明るい火球が天空をよぎることがある

「おおっ!」と思わす声を出してしまう

懐かしい青春の思い出

 

今年もペルセウス座流星群の季節がやってきた

 

万感を胸に、ひとり誰もいない観測地へ向かった

 

去年は一緒に見上げた、お盆の南伊豆の星空

今年はひとり、川根の山奥へ

 

夜半の雨模様の空が、午前3時に雲が割れ、ほんの少しだけ流星を見る事ができた

 

空はいつも僕を見守っていてくれる

そう、空はいつだって僕の心を癒してくれる